【女性コラム】男女それぞれの’生理’への理解が社会を変える。①

 あっという間に11月。

朝の空気はピリッとしていて、それを心地良く感じられたり億劫に感じたり、’ピリッと’がその日の心のコンディションを何となく知らせてくれる。 

先日、仕事の関係で繋がった方のFacebook LIVEに、ゲストとしてご招待いただく機会があった。 30分ほど、私の活動や私にできることなどをお話しする時間をいただいた中で、後半話題になったのは、

「男女間の関係性が良くなれば、世界は平和になる」ということだった。 

ダイレクトに「世界は平和になる」発言をした自分が言うのもなんだけれど、’世界’だなんて規模が大きすぎる!と言われてしまいそう。 だけれど、いわゆる「男女間の関係性が今よりよくなれば、もっと社会はよくなる」ということがあちこちで起こることだけでもざっくりとイメージすれば、何となく実感も沸く。

「男女間の関係性を良くする方法はいろいろあると思うが、
私が切り口とするのは「生理」。

先月書いたとおり、心のどこかで「男に生理のことは分からない」と思ってしまう女と、同じく心のどこかで「女の生理のことは分からない」という男。 一見それなりの距離がありそうなこの2つのフレーズだけれど、実は「もっと男性に生理のことを分かってもらいたい」「もっと女性の生理のことが理解できたらいいのに」と思う、実は両方〃ことを思っているにほかならないと、私は感じている。 

だったら、お互い、知ればいいじゃない♪


もう、「男には分かってもらえない」「女のことは分からない」という時代は終わりにしよう。 確かに、お互いの全部を理解することは難しい。 でも、心の共通言語を作ることは、できるでしょ?(^^) 

・・・・・・・・ 

皆さまからの、ご意見・ご感想・質問をお聞かせください。

hiroko.ueno.zero.one@gmail.com 


上野宏子

山口県在住。
婦人科スポーツ医学×NLP心理学のスキルを融合させた独自のスキルを持つ。

-活動内容。
男女ひとりひとりが『生理』と向き合う。それは、これからの社会において、もっとも深く、大切なこ と。」をベースに、女性が生理や更年期を理由に夢やキャリアを諦めない社会づくり×男性がセクハラトラブルに巻きこまれない社会づくりに関する活動を展開。

女性だけのからだに起こる「生理」「更年期」「閉経後」「婦人科疾患「妊娠や出産産前産後」の体と心の変化のメカニズムを、小中学生にも理解できる内容にして届けることができる。また、女性だけでなく、男性こそをサポートするサービスを持つ、かなりレアな存在として注目を浴びる。

女性を生理や更年期を理由に離職させない×男性をセクハラ問題から守る×若者育成×少子 化に対応するブランディングに対応する、オリジナル研修やサポートを提案・実施。

女性だけのからだに起こる「生理」「更年期」「閉経後」「婦人科疾患「妊娠や出産産前産後」のメカニズムを、小中学生にも理解できる内容にして届けることができる、レアな存在。

詳しくはコチラ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。