2021年の吉方位とその活用

2021年は辛丑(かのとうし)の六白中宮の年です。(2021年の2月3日から2022年の2月3日までの期間)
そして恵方の方位は★南(南南東)★になります。

・強い精神力をもって辛い事を耐え抜けば大きな希望が見えて来る年
・何事も慎重に一歩一歩 足を踏みしめながら準備をする事が大切な年

辛丑はそんな意味合いがある年なんです。

だけど いっぱい頑張って十分耐えてるし ちょっとキツイなぁ…
明けない夜はない事を皆んな信じてるけど踏ん張るパワーが保てるかなぁ…って 思っている方が沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな今 ピンチをチャンスに変える底力のエネルギーをもらい 希望が見えるまで その先に辿り着くまでパワーチャージをして運をあげていく方法 吉方位の活用をして欲しいと思うのです。

吉方位でを最強に上げる方法は色々あります!

引越しだったり 旅行だったり 日々の活動だったり…
だけどこれは一人ひとり方位が違って専門家じゃなきゃわかりません

なので 2021年 皆さんに共通して使える
吉方位 南(南南東)での開運方法をお知らせします。
毎年の節分に恵方巻きを今年の吉方位に向かって食べるって言う風習ありますよね。
あの方位です。

皆さんの自宅からみて この方位の神社仏閣にお参りするとお願い事が叶うチャンスをもらえるんです。
これこそがパワーチャージ出来る 吉方位活用 の恵方参りです。

本当に叶うんです!

私はお仕事始めた時 毎月5人以上のお客様がきてくれて最低50000円は稼がせて下さいってお願いしたら 本当に翌々月から叶いました♪
因みに体重−5キロは神頼みのみで努力しなかったからダメでしたがw
色々お願いして7割位は叶ったかなぁ〜
現在進行中もありますけどね。

でもでも お願い事は恵方参りじゃなきゃ叶わないと言われてるくらい ちゃんとスゴイです!

今年の南のお参り(正確には南南東ですがその方位に神社仏閣がない方は南で大丈夫)
パワーがもっとも強く 資格や試験 小さな目標などのお願い事は割とすぐ叶うと言われています。

もちろん何回行っても いつ行ってもいいですが(1回につき1つのお願い)

・日盤切り替え7/15
・春分 夏至 秋分 冬至の日

の 前後1週間は 天のゲートが開いているので更に効果アリです。

その神社仏閣の御作法に則って それから名前と住所とお願い事をして 最後に

*願いを叶えるチャンスを下さい!
*願いを受け取る勇気を下さい!
*チャンスを見抜く眼をください!

と言って下さい。
これは神頼みだけに頼らないという誓いでもあります。

神様は頑張っている人や自分自身が努力をしている人にご褒美をくれます。

なので自分の目的 目標をしっかり伝える事が大切です
そして来年の節分までにお礼参りをして感謝を伝えて下さいね。

2021年 辛丑 辛い思いをして踏ん張った人こそ 大きな実を実らせる事が出来る年。
この恵方の吉方位が 必ず皆さんに乗り切るパワーを与え 幸運へと運んでくれると思います。

占い師 乃稟

ガイアの占い編集部 占い師 乃稟 … 幸せへと導く開運鑑定士

ガイアの占い掲載「ガイア 2021年の吉方位とその活用」監修

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。