【女性コラム】‘生理’を語って‘生きる’を伝える

今年ほど、1年の時の流れを早いと感じたことはなかった。

それは、コロナのせいで多くのイベントが中止になったという意味では、確かに季節感のない一年だったけど、同時に強く季節を感じることができた年でもあった。

というのは、いつからか早朝ウォーキングを始めた。
きっかけは、スポーツクラブに設置された大きな鏡の前、ヨガマット1枚分のスペースを確保して、週3回くらいのペースで練習し続けたハードなヨガを、コロナの影響で止めてしまって以来緩み切ってしまった体のラインを、「朝活」としてウォーキングをすることで少しはマシにしたいと思ったのがきっかけだったと思う。

まず、田んぼが広がる朝の引きしまった空気は、思った以上に気持ちが良かった。

それに、朝露に濡れる草花が朝日に照らされる姿が本当に美しく、秋には辺り一面が稲の香りに包まれた。
昨日蕾だった花が数日後には満開になったり、満開だった花が枯れていく姿を、日々見つめることができた。

犬の散歩をしているおじさんに出逢う。

また別の犬を連れた別のおばさんに出逢う。

犬は連れていないけれど仲の良さそうなご夫婦に出逢った。

「おはよう」という言葉は魔法だ。
その一言でどの人とも仲良くなれる。

こんな風な日々が、私の価値観を変えた。

確かに、欲しいものもある、行きたい場所も沢山ある。

だけど、毎日当たり前のように素晴らしい朝を迎えることや、人との繋がりを感じながら生きる、そっちの方がずっと大切だと気が付いた。
これこそが、自分の人生の質を上げてくれる大切な要素だと。
女性の「人生の質」を考えるとき。
「生理」を理解することで、女性の人生のクオリティが大きく変わることを、ほとんどの女性が知らない。

私は来年以降、新たなプロジェクトを立ち上げたいと考えています。

今は私の活動のメインが「生理」についての発信ですが、来年からはそのプロジェクトの一部に私のコンテンツもある・・・という位置づけになるかと思います。

もしご興味あれば Facebook などをご確認ください。
配信、発信など、公開しています。
5月からスタートしたこのコラム、お付き合いいただきありがとうございます。
今年は硬い話を結構したように思うので(笑)、来年からは皆さんとの双方向なコラムになると面白いとイメージしています。
良いお年をお迎えくださいね(^^)
ご意見ご感想、下記までぜひお聞かせください。
hiroko.ueno.zero.one@gmail.com


上野宏子

山口県在住。
婦人科スポーツ医学×NLP心理学のスキルを融合させた独自のスキルを持つ。

-活動内容。
男女ひとりひとりが『生理』と向き合う。それは、これからの社会において、もっとも深く、大切なこ と。」をベースに、女性が生理や更年期を理由に夢やキャリアを諦めない社会づくり×男性がセクハラトラブルに巻きこまれない社会づくりに関する活動を展開。

女性だけのからだに起こる「生理」「更年期」「閉経後」「婦人科疾患「妊娠や出産産前産後」の体と心の変化のメカニズムを、小中学生にも理解できる内容にして届けることができる。また、女性だけでなく、男性こそをサポートするサービスを持つ、かなりレアな存在として注目を浴びる。

女性を生理や更年期を理由に離職させない×男性をセクハラ問題から守る×若者育成×少子 化に対応するブランディングに対応する、オリジナル研修やサポートを提案・実施。

女性だけのからだに起こる「生理」「更年期」「閉経後」「婦人科疾患「妊娠や出産産前産後」のメカニズムを、小中学生にも理解できる内容にして届けることができる、レアな存在。

詳しくはコチラ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。