TOP > 今話題の気になるニュース! - カテゴリ:[ 恋愛 ] > 男の本音!これをされたら一目惚れしてしまう女性の行動ランキング

男の本音!これをされたら一目惚れしてしまう女性の行動ランキング

男の本音!これをされたら一目惚れしてしまう女性の行動ランキング タイトルバナー

第一印象は出会ってすぐに決まり、その印象はなかなか変わらないと言われています。それゆえに第一印象はとても大切です。では一体どのような女性が第一印象が良いのでしょうか。そこで今回は、第一印象でモテる女の特徴について探ってみました。



1位
笑顔で微笑みかけてくれる

43.6%
2位
歩いているとき、男性の服のすそをつかむ

24.0%
3位
上目使いで目が合う

18.4%
4位
方言で話す

17.2%
5位
食べ方がきれい

16.0%
6位
別れ際に手を振る

15.6%
7位
ネクタイを直してくれる

14.4%
8位
服についたゴミなどをとってくれる

12.0%
9位
結んでいた髪を下ろす

11.2%
10位
スカートでしゃがむ姿

9.6%
1位は『笑顔で微笑みかけてくれる』女性です。目が合ったときにニコッと微笑みかけられた日にはドキドキしてしまうという男性が多く、1位に輝きました。笑顔の女性は親しみやすく、明るくも見えます。何より可愛いですよね♪「はじめまして」と笑顔で自己紹介をするだけでも好印象を与えられそうですね。

2位は『歩いているとき、男性の服のすそをつかむ』女性です。。クイクイと不安げに洋服のすそをつかむ仕草に萌えるという男性が多数。どうやら男性ウケ抜群の女性の仕草のようです。しかし「初対面でいきなり男性の服のすそを掴む女性ってどうなの?」という現実的な女性意見も。

3位は『上目使いで目が合う』でした。上目使いで目を潤ませた女性の表情にキュンとするという男性から多くの票を集め、上位にランクインしました。昔から「上目使い」に萌える男性が多いと言われてきましたが、その人気は健在のようです。過度な上目使いでなければよいのでしょうがやりすぎには注意が必要ですね。


このように、第一印象でモテる女性の特徴は、笑顔が魅力的で少し甘えん坊な仕草を実践する女性だということが分かりました。女性から見ると「ぶりっ子」な行動も、男性ウケは抜群。あざとさが出ない程度に日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

引用元:http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/017/kKbEdZr9a4Rm/p1/

記事一覧に戻る>>

カテゴリ:

全て

美容関連

気になるトピック

ダイエット情報

芸能情報

結婚

恋愛

漫画・アニメ

占い関連

SNSでみんなにシェア!

オススメ記事

コメント

  1. このページへのコメントはありません。

ピックアップ診断!

女子力診断 バナー

2017.06.24

女子力診断!

あなたの女子力はどれぐらい?男子にモテる女子とモテない女子の違いは?今すぐ女子力診断してチェックする!

オススメ相性診断

相性診断 バナー

2017.06.24

相性診断

気になる人と自分の生年月日から占う相性診断。気になる人との相性はどうかな?相手と自分の恋愛観や性格を占うよ!

誕生日占い ピックアップ

  • 仕事占い サムネイル

    2015-06-10

    仕事占い

    あなたに合った仕事はこれ?

  • パン占い サムネイル

    2015-06-10

    パン占い

    こんなパンあったかな?おもしろパン占い!

  • 趣味占い サムネイル

    2015-06-10

    趣味占い

    あなたにおススメの趣味を占いで紹介するよ!

  • 前世占い サムネイル

    2015-06-10

    前世占い

    あなたの前世を当ててみせましょう!

  • ユニゾン占い サムネイル

    2015-06-10

    ユニゾン占い

    なんだこれ?

今日使える雑学特集

No.1 - 消火に使った水道料金

「水道法」によって「水道事業者は、公共の消防用として使用された水の料金を徴収することができない」と定められいます。   なので、水道料金は水道事業者が負担するということになるようです。


No.2 - マリオの土管やレンガは

デビュー作である『スーパーマリオブラザーズ』におけるクッパは強力な魔法が使えるとされており、 ステージ道中で登場するレンガや土管は、そのクッパの魔法によって姿を変えられたキノコ王国の住人であるという設定になっている。 以降の作品では「魔法を使える」という設定が強調されることはないが、 作品の各所で魔法らしき能力を使用している場面がしばしば登場する


No.3 - 肩こりの雑学

肩こりという言葉を夏目漱石が造ったため これまで自覚症状のなかった人たちが苦しむようになった


ページ上部へ戻る